日々是好日〜社協マン日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 海老原商店で聴くSPのジャズ音楽

<<   作成日時 : 2017/07/18 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年7月11日(火) 千代田区
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科主催の第2回「ソーシャルオープンゼミ」なるものに参加しました。テーマは「SPレコードから観る音楽文化と社会デザイン」。SPレコードが聞けるということで足を運びました。
画像

会場につくと、レトロな建物。秋葉原駅の近くにこのような建物があったとはびっくり。海老原商店は、看板建築っていうものらしいですね。リノベーションされて素敵な空間になっていました。
入口を入るとこんな感じです。
画像

2階の一部屋で講座は約10名くらいでスタート。進行は立教大学の長坂俊氏、解説は古典ジャズ愛好家の瀬谷徹氏。瀬谷氏はそうとうSPもコレクションされているようで、ジャズ文化の造詣も深く、知らないことばかりでした。私の場合はハードロックやメタルと並行してジャズやフュージョンを聞く程度なので、たかが知れています。
画像

1925年録音のSPからさかのぼって色々な盤を聞かせていただきました。一言でいうなら「音が良い」ということでしょうか。SPなのに雑音があまりなく、クリヤな音でした。氏がお持ちのコレクションはあまり使われた盤ではなく、新品に近いものだからだそうです。

資料で解説されたものは「第1次レコーディング・ストライキについて」「V-Discについて」「紙製SPレコード "Hit of the Week"について」など。V-Discとは、第2次大戦中、世界各地に出征している米軍兵士の慰問用レコードのこと。紙製のSP(片面)は、紙にダリウムコーティングをしているものということでしたが、音がよいことにはビックリ。
それにしてもどれもこれも興味深いお話で、氏の知識や知見には脱帽です。
体調が悪く途中で失礼しましたが、また機会があれば伺いたいです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海老原商店で聴くSPのジャズ音楽 日々是好日〜社協マン日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる