映画「さすらいのレコード・コレクター」を観る

2019.04.13(土) 新宿区
今日は、毎年行われているレコード・ストア・デイの初日。映画「さすらいのレコード・コレクター」を観に行きました。2時間も早く着き、整理番号8番でほっとしました。記念品のレコード型コースター(厚手に紙にレコードが印刷されているもの)もいただき、ちょっとうれしい。
12時30分開演ということで、近くのディスクユニオンへいくと、すでにごった返していました。私はレコードではなくCDで探していたものがあったので、3枚ほど購入。病気は治りませんね。断捨離が間に合いません。
画像

会場は新宿駅(東南口)から近くの「新宿K‘Scinema」。ゆったりとした席に約40人ほどのお客さんでした。
映画はというと、アメリカのメリーゴーランドに暮らすレコードコレクターの「ジョー・ハザード」さんのドキュメンント。映画(2003年)では25,000枚ものSPレコードを収集し、若い頃は自分でミニFM局を無断で開局してしまうほど。亡くなった奥様もLP収集家で、似た者夫婦だったようです。

この方の集め方は、いわゆる中古レコード店にいくような方法ではなく、、自分でいろんな地域に足を運び、ゴミ扱いになっているような古いSPを個人宅から救い出しているところ。骨董品の探し方に近いですね。

いろんな貴重音楽をかけては聞き、体全体で楽しむ!ギターを演奏するシーンも少しあるのですが、オーディオよりもブルーグラスなどの音楽自体を楽しんでいる姿にニンマリしました。

最後にミニトークショー(右/イラストレーターでコレクターの本秀康さん)。ジョージハリスンとテレサテンを収集しているそう。おもしろい話でした。
画像


●フライヤー
画像

画像


●いただいたレコード型コースター
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック