あしたのために あしたのジョー展

2021.2.14 世田谷文学館 
あしたのジョー」は懐かしいですね。子どもの頃にテレビで繰り返し見ていました。今回展示会へ足を運んでみて、原作の「梶原一騎」と作画の「ちばてつや」の両氏の強烈な個性のぶつかり合いの中から、名作が誕生したことがよく分かりました。力強いタッチの原作も読みたいですね~。展示は3月31日まで公開してみます。関心のある方はお運びください。

先生のサインがありました。
DSC_0525.JPG
展示の一部。各種コーナーに分かれています。
DSC_0526.JPG
DSC_0531.JPG
HORIZON_0001_BURST20210214111216720_COVER.JPG
有名な力石の告別式に関するコーナー。当時の新聞記事などの展示もありました。
DSC_0545.JPG
ジョーと力石、かっこいいです
DSC_0530.JPG
CENTER_0001_BURST20210214110732418_COVER.JPG
先生の「表現の自由」に関する主張が表れている一コマ。
HORIZON_0001_BURST20210214114816797_COVER.JPG
週刊少年マガジン第15巻第19号(1973.5.13)右。この表紙のビッグサイズの展示もありました。両氏の個性が強すぎる!!
DSC_0548.JPG
ホセとの戦いに完全燃焼・・・。
CENTER_0001_BURST20210214112910987_COVER.JPG
DSC_0535.JPG

過去ブログ(こちらもどうぞ)
明日のジョーの商店街を歩く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント